I create works about anxiety and disturbing things that I feels every day, using watercolor techniques that I often drew in childhood.

I was influenced by novels and plays. Therefore, I aims to create works where a story is born in the viewer due to the relevance of the title and the components of the paintings and also where space is felt even though paintings are flat. My ideal work is something that speaks of color. 

 

 子供の頃によく描いていた水彩画技法で日々感じる不安や不穏なものについて作品を製作しています。

小説や戯曲などからも影響を受け、タイトルや絵の構成要素などの関連性で鑑賞者の中で物語が生まれるような、

また平面的でありながら空間を感じさせるような作品を目指しています。

色が語るような作品を理想としています。 


水彩絵の具:ガッシュ/Gouache


Artworks on Tumblr 

http://ryosukehayashi.tumblr.com/


「39-311気仙沼を届けよう。2018」

「39-311気仙沼を届けよう。2018」ページのイラストを描かせていただきました。

 

2018年3月9日〜11日の3日間、気仙沼の今を伝える写真や言葉を届けるページです。

http://311hikari.jp/livecommentary/



Drawing Speaker

 

サラヴァ東京で展示したDrawing Speakerの記録映像です。

それぞれの絵の中にスピーカーを設置し、そこから複数の音源がランダムに流れます。

絵は林亮佑、サウンドは音楽家の増田圭祐が作成しています。

色のイメージと音のイメージが重なり、鑑賞者に絵のさらに奥へと想像が膨らんでいけるような体験や空間を提供できればと思っています。

また、ライブパフォーマンスとのコラボレーションも行います。

 


絵本「やまをこえて」 作画:林 亮佑 2015

画集「Anywhere」 2015


イタリアンレストランCIAO(チャオ)にて、照明傘に絵を描きました。

大田区山王にあるイタリアンレストランCIAO(チャオ)にて、照明傘に絵を描かせていただきました。

 

 チャオ

http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131502/13069123/   (2015)