I think that there is an image which disappears from memory, and it sinks and accumulates in the unconscious.

I use it as a clue to the creation .

My works  are in a state of narrative things and I believe that it is not a story, but rather that each one drawn is like a chain of images.

Through my work, I believe there may be something (private sense, memory and image) that can be shared with various people.

My important theme is "anxiety"  and "question"  caused by unrest things, losing things, living, etc...

 

 イメージがどこから来るのか、

記憶の中から消えていき、無意識の中へ沈んで堆積していくイメージがあると考え、創作するうえでの手がかりとしています。

作品は「もの」を「語る」状態であり、ストーリーではなく、描かれたもの一つ一つがイメージの連鎖を起こしていくようなものだと考えています。作品を通して、様々な人たちと共有できるもの(私的な感覚、記憶、イメージ)があるかもしれないと考えています。

 

不穏なもの、喪失していくもの、生きていくこと、に伴う「不安」と「問い」について考えています。

 

 


水彩絵の具:ガッシュ/Gouache


Artworks on Tumblr 

http://ryosukehayashi.tumblr.com/


「39-311気仙沼を届けよう。2018」

「39-311気仙沼を届けよう。2018」ページのイラストを描かせていただきました。

 

2018年3月9日〜11日の3日間、気仙沼の今を伝える写真や言葉を届けるページです。

http://311hikari.jp/livecommentary/



Drawing Speaker

 

サラヴァ東京で展示したDrawing Speakerの記録映像です。

それぞれの絵の中にスピーカーを設置し、そこから複数の音源がランダムに流れます。

絵は林亮佑、サウンドは音楽家の増田圭祐が作成しています。

色のイメージと音のイメージが重なり、鑑賞者に絵のさらに奥へと想像が膨らんでいけるような体験や空間を提供できればと思っています。

また、ライブパフォーマンスとのコラボレーションも行います。

 


絵本「やまをこえて」 作画:林 亮佑 2015

画集「Anywhere」 2015


イタリアンレストランCIAO(チャオ)にて、照明傘に絵を描きました。

大田区山王にあるイタリアンレストランCIAO(チャオ)にて、照明傘に絵を描かせていただきました。

 

 チャオ

http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131502/13069123/   (2015)